助産師の研修制度とは!?

助産師の研修としては、どういったものがあるのでしょうか。確かに、助産師は人間の「生命」の素晴らしさに触れるような、崇高な仕事ですがそれだけ、責任が重い仕事とも言えます。助産師になるまでも大事ですが、その後の勉強や研修もしていかなければ、その「生命」を思わぬ危機的な状況に陥らせてしまうかもしれません。そうならないために、様々な研修制度が助産師にはあります。これを読まれている方はもしかしたら「助産師の資格は持っているけれど、何かの事情で諦めた」。そういった方もいらっしゃるかもしれませんので、その方にも分かりやすくお伝え出来ればと思います。

まず、助産師の研修制度としては出産に関わる研修と出産後についての研修と大きく分けて2つになります。出産に関わる研修というのは、イメージも湧きやすいと思いますが、分娩時の緊急対応であったり、妊婦さんに対しての心的ケアの方法だったりを学びます。

一方、出産後に関する研修としてどういったものがあるかというと、それはら様々なものがあります。育児に関わる、子供の育て方であったり、DVを発見した時の対応であったりも学びます。もちろん、どこまでが「助産師」の仕事であるかは議論が分かれるところですが(助産師がサポートするよりも、周りの方や市町村の福祉がサポートした方が上手くいくケースも)知識として幅広く知っておくことは必要です。また、乳幼児に対してのワクチンについてなど、医療知識に関することを学ぶ研修もあるのです。つまり、助産師は出産と出産後に関することを広くサポートすることが求められているのです。

実際の研修では、それらについて現場の医師であったり、助産師の方であったりが教えてくれます。確かに、教える人が現場の人と関係ないと、何だかが本末転倒かと思いますが、その場は実践に則した研修が行われています。

また、助産師は「経験」がものを言う仕事とも言われています。なので、実際に配属された病院が、お産が多い病院なのか、そうでないか?によって、助産師としての「経験」に違いが出来てしまいます。あまりお産を経験出来ない病院の方向けの研修というのもありますので、その点は安心して頂ければと思います。

以上は、主に”病院外”の研修について話してきました。それとは別に職場内の研修制度であったり教える体制だったりも大事なところです。そこに関しては、実際の求人を見て検討するのも一つです。実際の研修制度について気になる方は、転職エージェントに聞いてみるのも一つの方法です。なぜならば、彼らは求人先に対して何度もヒアリングを重ねているので、実際のところもよく熟知しているからです。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ