スキルアップしたい助産師向けの求人情報を探す

助産師としてスキルアップしていけるかどうかは、就職時点で、その病院に研修や資格取得の補助になり得る仕組みがあるかどうかが大事なポイントです。キャリアアップしやすいように制度が整っていることもあれば、そのようなキャリアプランは病院側としては特に用意していないというケースもあります。研修制度があるにしても、各病院によって内容は様々ですから、就職や転職をする前に、その中身をチェックしておきましょう。

総合病院や大学病院のような大きな施設では、クリニカルラダーと呼ばれる開発プランが設定されているものです。看護師や助産師全員の名簿が作られ、その病院内でどのような研修を受けたか、どんな知識や経験を持っているか、管理職からどのような評価を得ているかなどが記載されています。病院独自の規準で成績を付けられることが多く、ずっと勤めていくとしたら大事な評価基準になります。ただ、転職した場合はあまり評価されないケースが多いようで、それだけに頼っていては本当のスキルアップにはつながらないかもしれません。

職場がどこであっても通用する、本当の意味でのスキルアップを果たしていくためには、まず自分はどんな助産師になりたいかの目標設定が大切でしょう。不妊治療に特化するのか、分娩に関する知識をしっかり身に着けるのか、女性のメンタルヘルスについて学んでいくのか、新生児のケアを専門としていくのか、自分が本当にやりたい仕事は何なのかをはっきりさせましょう。そのうえで、専門的な知識や経験を積む機会を作っていきます。研修制度がたくさんある病院に就職することもできますし、最先端医療を取り入れているクリニックで働いて経験を積むという方法もあります。

助産師としてのキャリアアップにつながる資格を取得することもできます。産婦人科の看護師や助産師は、様々な民間の資格を持っていることも多いものです。骨盤ケアについての資格、母乳にまつわる資格、マタニティヨガやアロマセラピーに関する資格などがあります。クリニックとしても、ただの助産師ではなく、プラスアルファの資格を持つ助産師に働いてもらうことができれば強みになりますから、そのような特別なスキルを持っているのは有利です。自主的に勉強しながら資格を取得する人たちもいますが、職場が資格取得をサポートしてくれることもあります。就職の際に求人情報を見る時は、資格補助制度があるのかどうかをチェックしましょう。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ