短期バイトの助産師求人情報を探す

助産師として働く道は、何も正社員だけではありません。派遣の形でも可能ですし、短期バイトとして働く機会もあります。大きなクリニックや総合病院、大学病院などは、助産師が働きやすいように色々な勤務形態を準備しているところがあります。アルバイトとは表現されていなくても、パートタイムで働ける仕組みが導入されていることもあります。助産師自身も出産や育児などで休暇を取ることがあり、その間カバーするための人材が求められるのです。

正社員として継続して働くことが難しくても短期間なら働きたい人の場合、まずはハローワークや求人サイトをチェックしてみましょう。各クリニックや総合病院などが、募集していることがあります。一般的な産婦人科だけでなく、不妊治療専門のクリニックや保健センター、周産期母子医療センターなどがあります。それぞれ専門の知識が必要とされるため、自分の経験や資格と病院が求める条件がぴったり合っている場合、多少の無理は聞いてもらえる可能性が高くなります。ですから募集しているパートタイム助産師の時間よりも長く働きたかったり、逆にもっと短い時間にして欲しかったりする場合でも、応募してみると良いかもしれません。話し合いの結果、助産師側の条件に応じてくれることもあります。

短期バイトの形で助産師として働ける可能性が最も高いのは、総合病院でしょう。働く人数が大勢いて、チームとして動いているため、役割分担がしっかりしています。もちろん臨機応変に色んな仕事ができるほうが望ましいのですが、求められることをしっかりこなすことがまず大事です。総合病院や大学病院のような大きな施設では、労務管理がしっかりしているため、働く人数を多くして、それぞれの勤務時間を短くするほうがメリットがあるのです。だれか一人が休んでしまうと機能しなくなるという状態では困るので、何人か休んだとしても病院全体として診療ができるような仕組みが作られています。そのため、短期でも働ける人をたくさん確保しておきたいのです。

短期バイトと一口に言っても、その期間は様々です。年末年始の人手が足りない時だけ働く場合もあれば、2〜3ヶ月というまとまった期間仕事することもあります。働く側の希望はそれぞれですが、その条件を受け入れてもらうためには、助産師側のスキルも必要です。有能な助産師ほど無理を聞いてもらいやすいわけですから、日ごろからスキルアップに励んでいきましょう。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ