大阪の助産師求人

大阪で助産師になりたいあなたは、転職支援サイトを利用しないと損をする
大阪で助産師の仕事に就きたいと思っているあなたは、転職支援サイトを使った方が、損をせずに済みます。

一、 医療の世界は西高東低
二、医療機関の数が、多すぎる

以上の理由から、転職支援サイトの利用を強くオススメします。

医療の世界は西高東低

ご存知の通り、医療の世界は西高東低です。医師の給料、看護師の給料、助産師の給料も、西日本の方が高い傾向があります。

例えば大学病院の看護師給料を考えてみます。東京大学よりも、京都大学、大阪大学の方が、年収にして50万円くらい高くなります。

同じように、助産師の給料も、東日本より西日本の方が高くなる傾向があります。そうした環境の中、自分1人で就職活動をすると、最高の求人を見逃す危険性があります。適当に就職したものの、同じような勤務体制で、もっと高い給料の求人が他にあったらどうしますか?どうせ同じような条件で働くなら、高い給料をもらえた方が、良いですよね?

給与の面で、賞与の面で、最高の求人を見逃したくなかったら、転職支援サイトを利用して下さい。看護協会が運営している人材バンクもありますが、サポートのきめ細かさを考えると、民間の転職支援サイトの方が優れています。

まずは登録をして、自分の条件を伝えてみましょう。月収で35万円以上の求人も、出してもらえる可能性は大です。

医療機関の数が、多すぎる

大阪府は日本で3番目に人口の多い自治体です。およそ900万人が暮らしています。出生率も1.30程度あり、10万人近くの子供が毎年生まれてきます。

その出産を受けとめるだけの医療機関も多いです。産科、産婦人科を持つ病院。クリニックの数は、大阪府域内で319ほどあります。どの病院、クリニックも、機会があれば助産師を欲しがっている可能性が高いです。

仮に319の医療機関全てが求人を出しているとしましょう。その求人情報をどうやって集めますか?公開されている求人もあれば、表向き募集をしていないけれど、人を欲しがっている病院もあります。

自分1人でそうした求人を整理するには、病院の数が多すぎます。

また、病院ごとに、欲しがる助産師のタイプも違います。院内助産院の中核メンバーになってくれるような助産師を求めていたり、単に人員不足を埋めたいだけの病院もあったりします。

困りましたね。そうした内部の事情は、外側からは分かりません。適当に目についた求人に手を出すと、働き始めてから、後悔するかもしれません。

まずは転職支援サイトを頼りましょう。無料で転職のサポートをしてくれます。憧れの病院が大阪府内にあれば、逆に転職支援サイトから、病院の側へ掛け合ってもらえます。逆指名です。求人が出ていなくても、潜在的に人を欲しがっている可能性もあります。遠慮している場合ではありません。

登録、利用料は永久に無料なので、今すぐ公式サイトをチェックしましょう。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ