名古屋市の助産師求人事情

助産師は、看護師の資格をとった者が専門学校などに通うと資格を取ることが出来ます。この職業の主な仕事は、出産の手伝いと、妊娠中の妊婦さんのケアやアドバイス、出産後の母子のケアや母乳などについてのアドバイスなどです。産婦人科の勤務は、激務ですが、それでも看護師には人気の職種です。出産はいつ起こるかわかりませんから、他の部署と比較しても夜勤や祝日勤務が多く、命に係わる大切な部署でもあります。ただ、出産という大切な瞬間に立ち会いたい、助けたいという思いが強い看護師が多いのです。

そんな助産師さんですが、実際はどのようなところに勤めるのでしょうか。まずは、総合病院などの産婦人科、そして産婦人科のあるクリニック、また自分で助産師業を開業することもできます。開業した場合、出産は妊婦の自宅になったりすることもあります。出産の助けをすることが出来るのは、健康な妊娠である場合のみで、何か妊娠中にトラブルがある人は扱うことが出来ません。医師の仕事となります。この職種の外の仕事として、実務を担当せずに、企業に就職してコールセンターなどに勤める場合もあります。常に不安がつきものの妊婦さんに電話でアドバイスをするというものです。

名古屋市でもそのような助産師さんの求人が沢山あります。名古屋市は日本でも有数の大都市です。それでも、東京や横浜などに比較して個人の産婦人科や助産院の数が圧倒的に少なくなっています。たとえば東京で500件ほどあった求人は名古屋市では60件程度となっています。10分の1くらいの求人の量となってしまっています。

また、この職業の給与ですが、一般的には通常の看護師より高くなっています。それでも、クリニックによって助産師への給与体系は異なっており、給与に大分差が出ています。たとえばある産婦人科では給与は年収400万円に満たないですが、他の産婦人科では600万程度と前者に比べると高額の給与となります。助産師は産婦人科に必ず何人かいなければならないという規定はないので、金銭面の問題から、中には医師だけに頼り、助産師は雇用しないような病院もあります。

この職種の求人は、やはり転職サイトにいくつか登録して、そこから探すことがオススメです。転職サイトによって求人の情報がだいぶ異なります。東京に比べ名古屋市では求人の数が少ないので、多くのサイトから良い求人を探す必要があります。登録すれば、専門のキャリアコンサルタントから的確なアドバイスをもらうこともできます。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ