産婦人科の助産師募集を探す

産婦人科に勤めている看護師は全員助産師とは限りません。それでは、産科のある産婦人科には何人くらいいるのでしょうか。

実は、産科にはこの職業の人数制限がありません。全くこの資格を持った看護師を置かないという病院も中にはあります。 この仕事は、助産行為、妊婦の健康管理、出産後の親子のケアなどが主です。助産行為を出来るのは助産師か医師のみになりますが、単独で行えるのは正常な妊娠での助産行為です。妊娠に正常分娩でない何かが付きまとった場合は、医師が代わって助産行為を行うことになります。助産院で助産師が出産を手伝えるのも当然健康な妊娠のみです。何か異常を見つけた場合、直ちに産婦人科に連絡し処置をしてもらいます。

医師がそばにいない場合に医師の代わりをして出産を手伝うのが助産師だということです。そのため、医師が出産をすべて自分の手で行う病院にはこの資格を持つ人がいません。通常の看護師に比べこの資格を持っている人は給与が高いなどの理由で雇っていない場合もあるようです。

ただし、ほとんどの産婦人科は助産師を置いています。病院の規模などにもよりますが、2〜3人はいることが多いです。助産師がいる病院のほうがいない病院より心強いです。医師が不在の場合などでも出産を手伝うことができますから。

助産師がいる産婦人科の募集はどのように探すのでしょうか。この資格を持つ看護師を必要としている産婦人科の募集を探すには、転職支援サイトの利用が一番です。転職支援サイトの中には看護師などを専門に扱ったところも多くあります。その中のいくつかは大手の転職エージェントが手掛けています。支援サイトには膨大な量の求人があり、色々な条件の検索によって絞り込むことが出来ます。産婦人科の中でもこの職種の募集も検索で簡単に探すことが出来ます。

転職支援サイトに掲載されている求人は支援サイトによっても内容が異なることが多いので、支援サイトはいくつか登録しておく必要があります。また、転職支援サイトのキャリアコンサルタントが専属として担当してくれますので、転職に関し色々と不安なことを相談することが出来ます。看護師専門の転職サイトのコンサルタントは看護師事情も熟知していて、病院などの情報についてもとても詳しい人が多いです。また、面接や履歴書の書き方についてもアドバイスをしてもらえます。そして非公開の募集についても紹介してもらえます。非公開求人は、多くの人には公開されない情報なので面接で合格するチャンスも高いんです。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ