助産師になるメリットとは!?

助産師の資格を持っている方の選択肢として、助産師として働くか看護師として働くかということがあるかと思います。では、助産師になることでのメリットについてもお話したいと思います。

まず助産師のメリットとしては、収入が良くなるというメリットがあります。看護師よりも資格の手当がもらえることが多く、月に換算して1万円ほどの給料が違ってきます。また、病院によってはお産というのは、肉体的にハードな仕事であるので、分娩手当が出る病院もあります。ですので、助産師になるメリットとしては、看護師より収入が高くなることが多いということです。

次に助産師になるメリットとしては、後ほど独立することも出来るということです。医師が自分のクリニックを開院するように、助産師を自分の院で独立することが出来ます。自分の理想のお産像があり、自分の院を作りたいという人には、非常に向いている仕事です。産婦人科の医師は男性が多いので、女性の助産師の方が落ち着くと仰る方もいます。自分の院を作った際に、働く人を全て女性にすることによって、地域で信頼の厚い助産院になることも可能です。

最後に、助産師は全国的に数が足りてないということもメリットとして言えるかもしれません。それだけ助産師は社会から必要とされているというところがあります。特に都市部よりも地方のほうが助産師が足りていない状況があります。なので、その地域の求人を見たりすると、思わぬ優良求人があることも多いです。そういった意味で助産師のメリットは大きいと言えます。

ただ、このような助産師になることのメリットをお伝えしてきたのですが、もしかしたらそれらはメリットにならないかもしれません。どういうことなのかというと、それは実際にあなたが働く場がそうであるという保証はないからです。給料も高くない職場かもしれませんし、独立は可能ですが独立のためのスキルがあまり学べない職場かもしれませんし、それほど近隣において優良な求人がないのかもしれません。

つまり何が言いたいのかというと、助産師としての就職活動に失敗すると、良い入職先を選ぶことが出来ないということなのです。確かに、それに失敗して多くの方が助産師の職を離職されているのも事実です。

そうならない方法として、転職エージェントを利用されている方も多いと聞きます。無料にて相談に乗ってくれるのですが、彼らは求人先について、詳細な情報を知っています。実際のところはどうかぶっちゃけて教えてくれることも多いので、利用してみるのはいかがでしょうか。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ