助産師の給料

助産師の給料はどれくらい?と気になるあなたへ

助産師の給料はどのくらいなのでしょうか?仕事の魅力はお金だけではありませんが、たくさんもらえるに越した事はありません。

結論から言えば、年収はボーナス込みで530万円くらい、月収では32万円くらいです、看護師の給料に少し上乗せした感じです。

一、助産師は看護師よりも上位資格
二、看護師よりも出来る仕事の範囲が大きい

以上の理由から、助産師の給料は看護師よりも少し高くなります。

助産師は看護師よりも上位資格

助産師は、正看護師の国家資格を取った上で、さらに国家試験を受けねばなれません。お産の現場では、ある意味医師と同等の権限を持ちます。お母さんの身体から、赤ちゃんを取り上げられる権利があるのです。

その分、助産師の待遇は、看護師よりも良いです。看護師の平均年収は490万円ほどなので、プラス40万円から50万円くらい、年収を上乗せしたイメージになります。

ただし、看護師も助産師も、一部の病院をのぞいて、年収が減少傾向にあります。一度下がり始めた年収がV字回復するケースは稀なので、今後も下がって行くと予想されます。

中には国家資格を持ちながら、看護師として扱われている助産師も居ます。当然、そうした病院では給料も上乗せで払われていないと考えられます。助産師を本当の意味で評価してくれる病院に勤務しない限り、助産師としての仕事のやりがいも、看護師より高い給料も、受け取れない危険性があります。

看護師よりも出来る仕事の範囲が大きい

助産師は、看護師よりも仕事の範囲も、権限の範囲も大きいです。看護師と助産師の一番の違いは、赤ちゃんを取り上げる権利があるかないかです。

母子共に全く問題ない出産なら、医師の立会いがなくても、赤ちゃんを取り上げられる資格が助産師にはあります。同時に、開業権も認められています。病院で勤務し、たくさんのお産を経験した後に、自分で助産院を開けます。仮に自分で助産院を開き、その助産院が大評判になれば、年収はスカイロケットのように、上がります。

売り上げを最大限に伸ばす努力をし、経費を最小限に抑え、サービスと安全を徹底すれば、助産院は軌道に乗ります。スタッフを雇い、経営者兼院長として、企業家になれます。年収は当然、勤務助産師を簡単に超えます。しかし、助産院が社会から受け入れられなければ、年収は勤務助産師よりも下回ります。

リスクを抱えて大成功を目指すか、リスクを回避しながら、ある程度の年収を受け取るか、どちらを選ぶかはあなた次第です。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ
給料