夜勤の助産師求人

助産師には色々な働き方があります。正規の職員として常勤する働き方、夜勤専属で働く方法もあります。何らかの理由で夜だけ働きたいと言うあなたは、夜勤専属の助産師をオススメします。

一、夜勤専属なので給料が高い
二、昼夜逆転しているが、生活のペースは守れる

以上の点に、夜勤専属のメリットがあります。

夜勤専属なので給料が高い

お産は24時間体制です。夜中や早朝に分娩を行なうケースも普通にあります。そうした場合、助産師は24時間体制で付き添ってあげなければなりません。

夜勤の助産師は、深夜や早朝の分娩を専門に行なうスタッフです。

当然、昼夜が逆転した生活になります。人間は太陽が昇り、沈むまでの間に活動する生き物です。夜の間は太古の昔から眠ると決まっています。その自然の流れにさからって真夜中に仕事をするのですから、体力的にも、精神的にもきついです。誰もが好んでやりたがる仕事ではありません。

その代わり、かなりの見返りが期待できます。一晩で3万円近くの報酬が受け取れます、月に10回勤務すれば、平均的な助産師の月収になります。

夜しか働けない事情がある助産師のあなたには最適の求人です。

昼夜逆転しているが、生活のペースは守れる

通常の助産師は、3交代、2交代で勤務します。日勤、準夜勤、深夜勤などと3交代で分かれたり、日勤、夜勤と2交代したりする病院もあります。

残業が入ったり、引継ぎが入ったり、色々な業務が追加されて、勤務時間はどんどん延びていきます。眠る時間も不規則になり、心身ともに疲労が取れなくなるケースもあります。

しかし、夜勤専属の助産師は、生活のペースが安定しています。確かに昼と夜が逆転して大変な側面はありますが、時間は一定です。週に数日、夜から朝まで、決まった時間にぴっちりと働けます。朝、昼、夜と、バラバラに勤務して不規則に生活をするよりも、一定の生活ペースを保った方が、身体に楽な場合もあります。
「でも、どうやって夜勤専属の助産師仕事を探すの?」
と疑問に思ったあなた、一番手っ取り早い方法は、民間の転職支援サイトか、看護協会が運営する人材バンクの利用です。

民間が運営する助産師の転職支援サイトには、夜勤専属の求人が集まっています。看護師協会が運営する人材バンクも一緒です。しかし、民間の転職支援サイトの方が、あなたの転職を手厚くサポートしてくれるので、オススメです。病院の内部情報にも精通しているので、人間関係が気になるあなたは、特に民間がオススメです。

面接の練習から、履歴書の作成補助まで、民間の転職支援サイトは全て手伝ってくれます。夜勤専属の助産師に興味があるあなたは、今すぐチェックしましょう。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ