未経験者応募可の助産師求人を探す!

資格を持っていることで有利に働けるというメリットを持つ助産師ですが、資格だけで十分というわけではなく、しっかりとした実務経験も求められます。そのため、新卒採用は別にして、多くの病院ではある程度の実務経験を持っていることを応募条件としています。それでも、せっかく持っている資格を無駄にしないためにも、今まで助産師としての業務をしてこなかった人を対象として、未経験者応募可能という条件で求人を出す病院もあります。

こうした求人のほとんどは、産科を設けている総合病院か、産婦人科を専門とするクリニックからのものです。助産師の勤務先としてポピュラーなところですし、いろいろな経験ができますので、未経験者がスキルを積むにも優れた職場と言えるでしょう。総合病院とクリニックでは、同じ助産師の仕事でも違いがありますので、その差を把握して、自分に合った職場を選ぶようにしましょう。

総合病院で働くメリットは、いろいろな症例が扱えるということです。普通分娩がメインというよりは、異常分娩や不妊治療、周産期医療などに力を入れている病院が多く見られます。また、NCIUを設けている医療機関も増えていますので、乳児に関わる機会も多くなるでしょう。通常の分娩だけでなく、いろいろな異なる経験を積むことで、幅広い知識と対応能力を身に付けられるでしょう。一方で、助産師の主な業務は普通分娩ですが、病院によっては普通分娩がかなり少ないところがあります。また、婦人科などの他の科と業務がミックスしてしまい、本来の助産師の仕事に集中できないというデメリットが生じることもあります。

産婦人科クリニックで働く場合は、やはり普通分娩の数が多いので、より助産師らしい仕事を楽しめるというメリットがあります。ママさんにより近い距離で接することができますので、やりがいを感じることもできるでしょう。さらに、総合病院などより給料が高めに設定されていることが多いので、しっかりと稼ぎたいという人にもぴったりでしょう。その反面、小さ目のクリニックでは、業務量が多くなってしまい仕事に追われる形となり、しっかりとした研修を受けられないということも生じます。現場から学ぶことも多いですが、やはり体系的な教育も重要ですので、総合病院などに比べるとこの面でのデメリットは、未経験の助産師には挑戦となることもあるでしょう。職場によって経験できること、学べることが違いので、未経験者は将来のことも考えてじっくりと転職先を選ぶことが重要です。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ