将来独立を視野に入れた転職をしたい助産師へ!

という形で、個人開業ができるようになっていますので、これを目標にしながら頑張っている人も少なくありません。将来独立を視野に入れて転職をしたいと考えているのであれば、実務経験をしっかりと積めて、その経験をそのまま独立の際に活用できるような職場を選ぶようにしましょう。

この点で役に立つのは、やはり助産院での経験でしょう。助産院は医師がおらず、助産師が普通分娩を行うところですので、基本的にすべての業務を助産師が行うことになります。総合病院や産婦人科クリニックでは経験できないこともたくさんありますし、実務的な経験を積むことができます。たとえば、どのように助産院を経済的に運営していくことができるか、地域の患者さんとの付き合い方、必要な設備や器具についてなどを、自分の目で確かめることができます。こうしたことは一般の病院とは異なるものがありますので、実際に助産院で経験を積むのが一番でしょう。

そして、重要な点として、どこまで助産師のみで扱うことができるのか、異常分娩があったり、そのリスクが見られたりするため、しっかりとした医療体制を持つ病院に送った方が良いのかなどを見極める力を培うことができます。助産院でできるのはあくまで普通分娩で、妊婦もしくは新生児に何らかのトラブルがあった時には対処することができません。手遅れにならないためにも、早い段階で適切な判断を下し、病院に行ってもらうことも助産師の能力の一つです。こればかりは、実際にたくさんの経験を積まないと分からないことも多いので、将来の独立のためにも実績の多い助産院で勉強させてもらうと良いでしょう。

こうした医療上の知識と判断能力を身に着けるために、まずは産婦人科クリニックや総合病院で、難しいケースをたくさん見るという選択肢を採る人もいます。どのくらいの症状なら高度な医療措置が必要になるのかということを、治療する側から見ることができますので、適切な判断能力を身に着けることができるでしょう。また、クリニックでの勤務だと、他の職場よりも給料が高めに設定されていますので、将来のための資金を蓄えるのに役立ちます。こうした経済的な備えをすることも大事ですので、自分にとって何が一番必要かを考えた上で、独立に役立つ転職先を決めるようにしましょう。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ