助産師と保健師の違いとは!?

助産師と保健師の違いとは何でしょうか?どちらも医療関係の仕事であるので、なかなか違いについてイメージ出来ないかもしれません。どちらも資格を持つことによって、始めて働くことが出来る仕事でもあるので、似ている仕事と思われる方もいらっしゃるかと思います。

まず、助産師と保健師の違いについてお話するうえで、まず「同じところ」からお話したいと思います。まず同じところとしては、どちらも「看護師の資格」を保有しているところが同じです。助産師になるには、看護師の資格を取ってから、助産師になるため1年間学校に通います。

一方、保健師も同様で、看護師の資格を取ってから、保健師になるための試験を受ける必要があります。

さて、ここで前置きが長くなってしまいましたが、助産師と保健師の違いについてお話したいと思います。助産師は妊婦を対象にした出産に”関わる”仕事をする仕事です。一方、保健師は企業や学校や市役所などにいる方の健康状態を管理して、健康増進をはかっていく仕事です。具体的に言うと、健康診断でアドバイスをしたりするのは保健師の方です。また、学校の保健の先生は保健師の方です。

ですので、妊婦や出産に関わる仕事をしたいと思われるのであれば、助産師の仕事を選ぶべきかと思いますし、日々の健康に関わる仕事がしたいと思われるのであれば、保健師の仕事をするのが良いのではないでしょうか。

助産師の仕事について、もう少し説明すると、助産師は出産に”関わる”仕事なのでその仕事の内容は多岐に渡っています。お産に関することはもちろん、出産後の母子の健康に対してのアドバイス、子育てに関しての相談なども行なっていくのが助産師の仕事です。特に出産自体が始めてのママにとっては、不安なことも多いので非常に信頼されることが多い仕事です。

また、実際に助産師の資格だったり、保健師の資格だったりを保有しても、看護師として働いている人も多くいらっしゃいます。なので、資格的には助産師や保健師の仕事で働けるし、いつか働きたいと思っているのだけれどなかなか一歩が踏み出せない方も多いです。今、助産師や保健師に転職した方が良いのだろうか?そういった悩みを持たれている方は、一度周りの人に相談してみるのも一つの方法です。実際に看護師から、助産師や保健師に転職した人に相談に乗ってみるのが一番です。そういった方が周りにいないのであれば、CMなどで話題の転職エージェントに相談するのも一つの方法です。彼らは看護師から助産師や保健師になられた方の情報を多く持っていますので、一度相談してみるのもオススメです。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ