助産師のやりがい

助産師のやりがいは、人助けにあります。

お母さんは、出産から育児にいたるまで、助産師の助けを求めています。困っているお母さん、今生きようと頑張っている赤ちゃん、その両方を手助けする人が、助産師です。

一、 お母さんは、妊娠してから出産にいたるまで、助産師の助けがなければ、何もできない
二、 生まれてきた赤ちゃんは、助産師の助けがなければ、成長できない

母子共に、助産師の助けがなければ、上手に事を運べないのです。

お母さんは、妊娠してから出産にいたるまで、助産師の助けがなければ、何もできない

自然界の動物は、自力で子供を出産します。ライオンには助産師がいませんし、キリンにも助産師がいません。サイにも助産師はいませんし、クジラにも助産師はいません。

どうして人間にだけ、助産師が必要なのでしょうか?

人間が賢くなりすぎたからです。人間は生き延びるために脳みそを発達させてきました。頭が大きくなりすぎたので、自然界では考えられないくらい、未熟な赤ちゃんを産み落とします。子供がお腹の中で大きくなってしまったら、産道を通って出られなくなってしまうのです。助産師を目指す、あるいは助産師のあなたには、釈迦に説法ですね。

人間は出産に誰かの助けを必要とします。誰が助けるのでしょうか?助産師です。そもそもお母さんは助産師がいなければ、子供を産めないのです。

これ以上の人助けが、あるでしょうか?ある意味で、究極の人助けです。人を助け、感謝される仕事です。人に感謝される以上の喜びは、恐らくこの世の中にありません。

助産師のやりがいは、お母さんのお産を助ける、仕事内容そのものにあります。

生まれてきた赤ちゃんは、助産師の助けがなければ、順調に成長できない

インターネットが発達して、情報がいくらでも手に入る現代になりました。ですが、素人には赤ちゃんに何が起きているのか、判断できません。赤ちゃんが吐いたとします。あるいは赤ちゃんの顔色が急に悪くなったとします。

お母さん1人で、どうやって対処すれば良いのでしょうか?何も分かりません。お母さんは藁にもすがる気持ちで、助産師を頼ります。助産師は、医学的な知識で、赤ちゃんの状態を把握し、対処します。

「ありがとう!」

赤ちゃんの体調がよくなれば、お母さんは涙を流して、助産師のあなたに感謝します。涙ながらに感謝されて、やりがいを感じない人が、いるでしょうか?

生きがいを感じながら、仕事をして下さい。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ