助産師の1年目での転職

助産師の1年目で転職が出来るかどうか?気になる方も多いかと思います。現在の待遇であったり環境であったりに不満を抱えていて、新天地でもう一度助産師の仕事を頑張りたいと思われる方も多いかと思います。

この1年目で助産師は転職出来るかどうか?についてなのですが、もちろんそれは可能です。ただ、1年未満だと勤務期間としては非常に短いので、また同じように早期退職してしまうのではないか?と思われてしまうケースが多いです。なので、病院にて採用されないか、もしくはあまり条件の良くない病院で働くことになるのか?ということになります。ですので、基本的には転職しないで同じ職場で働くことをオススメします。今の労働条件に関して、プリセプターや上司に一度相談してみるのをオススメします。

ただ、一方助産師の仕事は短期にて、転職を検討せざるを得ないところがあるのも事実です。たとえば、混合病棟で働くことの問題もあります。現在の少子化によって、出産される方自体が少なくなってきました。そこで、助産師は内科と産科を兼任して働くことが非常に増えてきているのです。働く前は内科と産科を兼任しても、中心は産科であるといったことを聞いたが現実は違った。そういったこともよくあるケースなのです。「自分は助産師として成長していきたくて、この病院に入ったのに現実は全然違う!」そう思われる方も非常に多いのです。

また、助産師の仕事は激務であることも多いので、肉体的にも精神的にも負担であるので、違う病院に移りたいと思われる人もいるのも十分納得できます。夜勤明けに家に帰ってきても、ただひたすら寝ているだけ、仕事中は時間との闘いなので、気が休まる暇がない。そういったことも非常に多いのです。

ですので、助産師の場合、短期で転職をするということは致し方ない部分も実際にはあるのです。ですので、転職をするのであれば、ポイントがあります。まず、転職の理由をしっかりと練りあげて準備することが必要です。具体的には、後ろ向きな「辛かったから辞めた」ではなくて前向きな「妊婦を中心に支える助産師になりたい」などの理由が良いでしょう。

もし前向きな理由が思いつかない際には、求人サイトの転職エージェントは無料で相談に乗ってくれます。一度、利用してみるのはいかがでしょうか。彼らは求人の案件だけでなく、面接の対策なども親身にしてくれるのでご利用してみてはいかがでしょうか。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ