助産師を辞めたいとき

助産師を辞めたいときは、離職動機を明らかにしよう!去り際が苦手な人は多いです。助産師も一緒で、勤めていた病院を退職する時、せっかく作った人間関係を壊してしまう人もいます。

一、就職のための準備は一生懸命するが、離職のための準備はしない
二、退職の時は、助産師も病院の側も、感情的になってしまいがち

退職の際に、トラブルが発生しやすい原因です。

就職のための準備は一生懸命するが、離職のための準備はしない

今までの就職を思い出してください。どこかの病院や保健所に就職する際は、念には念を入れませんでしたか?履歴書を工夫し、面接では自分を出せるように頑張って、服装にも細心の注意を払ったはずです。ノウハウを学び、学校の先生や友達にも相談し、万全を期したはずですよね?

しかし、退職となると、そこまで準備をしません。就職のための準備はどれだけでもするのに、退職の準備は、てきとうに済ませてしまいます。インターネットをちょっと見て、退職のコツに目を通して、お終いです。

人は、去り際に本性が出ます。その姿を美しくするためにも、カッコいい離職の準備をしましょう。

・離職の動機をはっきりさせる
就職のときに、志望動機を聞かれましたね?同じです。きちんとした離職の動機を整理しましょう。誰が聞いても納得出来るような離職の動機を用意して下さい。

・直属の上司に、時間をとってもらう
離職の希望は、直属の上司に伝えます。まずは、上司に時間を作ってもらえるように、お願いをしましょう。就職の面接に時間を作ってもらったように、離職の面接に、時間を作ってもらうのです。助産師の世界は皆忙しくしているので、落ち着いて話を聞いてもらえる環境を、積極的に作りましょう。

・辞表を提出する
就職のときは、エントリーシートや履歴書などの文書を用意したはずです。必要ないと言われるかもしれませんが、辞表を用意して上司との面談に望みましょう。

・スケジュールにゆとりを
急に辞められると現場は混乱します。特に人員不足に陥っている現場では、致命的です。残される人間にしわ寄せが行かないように、最大限時間的なゆとりをもって、退職日を伝えましょう。最低でも3ヶ月、理想は6ヶ月、猶予期間を用意しましょう。

退職の時は、助産師も病院の側も、感情的になってしまいがち

どうして、喧嘩別れが起きてしまうのでしょうか?就職の際は、これから一緒に人間関係を作ろうとしているので、あなたも病院も、前向きに話をします。離職の時は、お別れの時です。極端な話をすれば、両者の人間関係など、どうでも良いのです。どうでも良い状態になると、お互い本性が出ます。言いたい放題になります。

その時こそ、相手の立場に立って、離職の手続きを進めましょう。離職の動機をはっきりさせ、忙しくない時間を作ってもらい、ゆとりのあるスケジュールで辞表を出すのです。

円満な退職を、実現して下さい。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ