派遣の助産師

助産師の派遣としてはどういったことなのでしょうか。民間の企業でも正社員や派遣があるように、助産師の仕事もそれほど数は多くないですが、派遣という働きかたがあります。その派遣で働く助産師の働きかたについてご説明したいと思います。これには、病院側の視点と助産師側の視点、双方のメリットの話が必要かと思います。

まず、病院側の視点についてお話したいと思います。病院側としては、まだ数は多くないですが、以前よりも派遣の助産師を取るようになってきました。これはどういったことなのかと言うと、助産師の数が圧倒的に不足しているという事情があるからです。現在、少子高齢化の日本と言っても、妊婦の数は非常に多く、それに対して出産出来る病院が少なくなっています。その一つの理由として、医師や助産師の数が確保できないという点があるのです。

また、助産師は離職率の高い仕事でもあるので、せっかく雇った助産師が辞めてしまうということもあります。なので、病院側としては「多様な働き方」を推奨して、助産師の働きやすさの向上を目指してきているのです。

要するに、多くの助産師に来てもらいたい、また来てもらった助産師に辞めて欲しくない。そういった取り組みをしているのです。これらが病院側の視点です。

一方、助産師側の視点として、派遣で働くことにどのようなメリットがあるでしょうか?今まで、助産師の仕事というのは、肉体的にハードな仕事と言われてきました。子育てをしながら、助産師としても働くとなると、無理がたたって体を壊してしまう方も多くいらっしゃいます。この派遣での働き方というのは、そういった方に非常に向いている働き方です。夜勤がない仕事を選べるのがほとんどなので、子育てをしながら働くのに非常に向いています。なので、働きやすさとして派遣での助産師は非常に向いているのです。

ただ、派遣のデメリットとしては、やはり給料が低い傾向になってしまうということがあります。そこで、給料も良くてしかも、派遣で働けるという求人があったらいかがでしょうか?実は、探し方のコツさえ分かればその方法は思ったよりも簡単なのです。多くの方が利用している方法としては、求人サイトを利用する方法です。求人サイトに無料登録をすると、あなた専任の担当者がつきます。その担当者にあなたの要望をお伝えすれば、自分に合った求人を様々教えてくれるのです。なので、一度求人サイトに登録してみるのはいかがでしょうか。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ