助産師と看護師の違い

助産師と看護師の違いは、赤ちゃんを取り上げられるか、取り上げられないかの違いになります。

一、 助産師は、看護師の国家資格にプラスして、助産師の国家資格も持っている
二、 助産師と医師にだけ、分娩する権利がある

以上の点が、看護師と助産師の最も違う点です。

助産師は看護師資格にプラスして、助産師資格も持っている

助産師と看護師の決定的な違いは、赤ちゃんをお母さんから取り上げられるか、取り上げられないかの違いです。

看護師は、お産に一切、手を出せません。災害時、輸送ルートが完全に遮断された避難所でお産しなければいけないような緊急時は、特例で看護師にも権利が与えられます。

しかし、通常の出産の場合、看護師は一切手を出せません。助産師の方が立場も、年収も高いのです。産婦人科において、通常出産の場面では、医師と同等の権限を持ちます。

助産師になるためには、国家試験に合格する必要があります。看護師の国家試験に合格し、助産師の養成所に1年間通ったうえで、助産師の国家試験合格を目指します。あるいは、大学から助産師の国家試験を受験する道もあります。

助産師になる際には、看護師の免許証の提出が求められます。つまり、
看護師の国家資格+助産師の国家資格=助産師
と言う図式が出来上がります。助産の資格を持った看護師が、助産師と言えます。

助産師と医師にだけ、分娩する権利がある

助産師は、赤ちゃんを取り上げられます。赤ちゃんを母体から取り上げられる人間は、助産師と医師だけです。

看護師はあくまでもその補助を行うだけで、実際に手のひらで新生児を取り上げられる人間は、助産師と医師だけなのです。

助産師にも制限はあります。困難な出産や、心配な点が見られる出産の場合は、医師しか手出しできません。

しかし、何の問題も見られない、通常の出産では、助産師だけで出産を行なえます。そのため、助産師には開業権が与えられています。自ら助産院を開業できます。助産院で、医師が不在の中、出産を取り仕切れる権利があるのです。

命の誕生を取り仕切れる、絶大な権力を持った職業人が、助産師です。看護師には新生児を取り上げる権利は、(緊急時を除いて)一切ありませんし、まして助産院の開業権など全くありません。

以上が、助産師と看護師の違いです。看護師という全体的な看護の力に、助産の高度な専門性を足した職業が、助産師とも言えます。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ