日勤のみの助産師求人を探す!

助産師の主な就職先はいくつかありますが、その選択によってワークスタイルが若干異なりますので、自分の都合に合わせて適切な転職先を探す必要があるでしょう。助産師が働く場所として多いのは、総合病院の産科、産婦人科クリニック、大学病院、助産院というところでしょう。それぞれに違いがありますので、その差を把握したうえで転職先を決めるようにしなければなりません。

日勤のみという条件で助産師求人を探すのであれば、総合病院もしくは産婦人科のクリニックが一番可能性が高いでしょう。というのも、助産院はオンコール体制が基本となっていますので、夜に出産となった場合には、呼び出される確率が非常に高いからです。また、全国的に助産院の数が少なく、求人自体もほとんど出ていませんので、その中から日勤のみという条件で仕事を探すのは難しいでしょう。

また、大学病院や国立病院などは、基本的に就業体制が固定されていて、産科の場合は夜勤や宿直が基本的に含まれます。そのため、日勤のみという形で働くのはかなり例外的なことですので、簡単にはこの条件で仕事を見つけることはできないでしょう。高度で先進的な医療レベルに触れることができますし、福利厚生などの制度も充実しているので働きやすい職場ではありますが、なかなか日勤のみという条件では厳しいでしょう。

一方で、産科を設けている総合病院や産婦人科クリニックは、助産師の働きがとても重要視されますが、比較的いろいろなシフトの組み方がありますので、日勤のみという働き方でも仕事場を見つけられる可能性が高くなります。総合病院をメインに探すのであれば、分娩の取り扱い数がどのくらいかをしっかりと確認するようにしましょう。全国的に分娩数が減っていますので、産婦人科を設けていてもあまり分娩回数が多くなく、不妊治療や更年期障害、NCIUなどの治療が多くなることもあります。助産師としてのスキルを十分に生かせなくなることもありますので、どの程度まで分娩に力を入れているかをチェックすることが肝心です。

一番日勤のみという形で、しかも助産師の資格を活かせるのは産婦人科クリニックとなります。たくさんの分娩を扱うことになりますし、給料も他の医療機関に比べると、高めになっていることが多いので、満足できる条件で働けるでしょう。残業が多くなることもありますし、休日出勤が出る可能性もありますので、事前にしっかりと雇用条件を確認しましょう。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ