クリニックの助産師求人情報を探す

クリニックの助産師求人はたくさんあります。少子化によって数が減っているとは言え、都市部では優秀な助産師の需要が多くあります。中でもクリニックは助産師の働く機会が最も多いものでしょう。大学病院などの大きな施設や公共機関より給料は少し低めになりますが、勤務年数や資格の有無によって幅があります。ほとんどの街で幾つかのクリニックから求人が出されていますから、比較検討して選ぶことができます。

ハローワークや求人サイトで情報を探してみると、クリニックで働く助産師の給料は、基本給と諸手当という形が多くあることに気づきます。基本給そのものが、看護師より高く設定されていることがほとんどです。それに加えて資格があると手当が加わり、夜勤にも対応できるとなるとさらに上乗せされます。出産は24時間対応することが求められますから、緊急事態にも対応できるか、あらかじめ夜勤として待機しておけるかによって、給料が変わります。手術手当など、他にも手当が設定されているクリニックも多くあります。場合によっては夜勤専門で働けるクリニックを探しているかもしれません。そのような勤務時間に関する条件も求人サイトで確認しておきましょう。

クリニックは個人で経営されていることもあるため、各種手当や労働条件がはっきり設定されていないこともあります。個人病院の先生の裁量で、大体このくらいの勤務時間で、このくらいの給料で、と言われてしまうことがあります。ですから個人的に紹介されたり、飛び込みで探したりすることは賢明ではありません。きちんと決められた時間働き、夜勤や緊急対応、残業の手当を明記している求人情報があればありがたいと思うことでしょう。ハローワークや求人サイトで探す場合でも、そのあたりの条件がはっきりしているかを確認しておくことをお勧めします。

求人情報を探す際に気を付けておきたいのは、退職金についてです。クリニックの助産師として働き始めた場合でも、その後状況が変化して、転職したり退職したりする可能性もあります。その際に、一定期間勤めれば退職金が支給されるのかどうかは大切です。次の職場に移るまでの生活費になったり、事情があって働けなくなった場合の備えになったりするからです。こうした条件は面接の時には聞きづらく思うかもしれませんので、最初から明示されている求人情報があると親切です。これがあるかないかで、そのクリニックの職場環境の良し悪しもある程度分かるでしょう。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ