年収700万円の助産師求人情報を探す

助産師として働くからには、しっかりキャリアアップしたうえで、給料を上げることも考えていきたいものです。現時点、もしくは将来的に年収700万円くらいを目指せる求人はあるのでしょうか。じつは看護師よりも助産師のほうが、年収700万円以上の仕事が見つかる可能性が高くなります。看護師ですと、看護師長などの管理職にでもならない限り難しいものですが、助産師の場合は経験や技術によっては、高い年収で雇ってくれる大学病院やクリニックがあるものです。

看護師の求人が平均400万円程度、助産師は少しアップして500万円弱くらいが平均的な給与となります。年収700万円以上の求人となると、極端に少なくなるでしょう。探す方法としてはまず、看護師や助産師専門の求人サイトに登録することです。数少ない高給の求人が発生したら、メールで知らせてくれるようなサービスを利用すれば、情報を見逃してしまうことを避けられます。希望の条件に合う求人を絞り込んだうえで紹介してくれるサイトもありますから、まずは積極的に求人サイトに登録しておきましょう。キャリアコンサルタントの助けを活用できるようなサイトであれば、それらも活用してください。

年収が高い求人に応募するためには、その前に、その給料にふさわしい仕事ができるようにしておくことも必要です。未経験の人にいきなり年収700万円の仕事を任せようと思うクリニックなどありません。管理職として十分な能力があったり、不妊治療など専門的な知識や技術があったりしなければ、通常以上の給料をもらいながら働くことはできないのです。ですからまず、自分自身のキャリアアップ、スキルアップを図っていきましょう。

看護師の中には、年収アップを目指して助産師の資格も取得した人たちがいます。このようにプラスアルファの資格を取得することは、年収を上げる材料となります。助産師であれば、民間の資格でも構いませんから、何かの資格取得を目標としてがんばりましょう。各セミナーや講習に出かけて、専門知識を身に着けることも大事です。クリニックによっては、緊急時の対応に長けた人、不妊治療のサポートに長けた人、総合病院の管理職として有能な人など、特定の分野に精通した人材を求めることがあります。そのような求人が発生した時に、自信を持って応募できる状態にしておくことができれば、年収700万円以上の仕事をすることも夢ではないのです。現在の助産師としてのスキルを見直し、新たな目標を設定しましょう。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ