30代助産師の転職事情

助産師になりたいと思って30代で転職を考えている方もいらっしゃいます。どういったケースかというと、ずっと助産師になりたいと思っていたくて、今回挑戦したいなど未経験の方のパターン。もしくは、一度、助産師になられたが出産を機に退職をして、もう一度助産師になりたいと考えられている経験者のパターン。そういったケースが考えられるかと思います。

実際に未経験で働くとなるとどうなの?といったことやブランクが合っても大丈夫?といったことなど気になることもあるかと思います。そういった方たちにお役に立つようなお話をさせて頂きたいと思っております。

まず未経験で助産師になられる方は意外にも多くいらっしゃいます。助産師の資格を持っていたのだけれど、看護師として働いていた方や、30代になり資格を取って助産師になられた方などがいらっしゃいます。経験者としてのアドバンテージというのは全くないですが、自分がどうして助産師になりたいと思ったか?それを面接で真摯にアピールすることが必要です。

次にブランク明けの方で30代で転職するときにもポイントがあります。特に子育てをしながら、働くことになるママさんにとっては注意が必要です。ご存知の通り、助産師の仕事は激務であることが多いので、子育てをしながらですと、肉体的にも精神的にも負担が重くなってしまいます。それに対して、ある程度負担を軽減するような働きかたをオススメします。具体的にいうと、夜勤のない病院で働くことを希望したり、残業ない職場で働くことを希望することが必要です。

さて、このように30代での転職はポイントがあるとお話しましたが、そのポイントのために転職エージェントに相談することをまず最初にオススメします。

理由としては、まず未経験の方の場合についてお話したいと思います。先ほど、未経験の方の場合、志望動機が重要になってくるとお話しました。この志望動機をブラッシュアップしてくれるのが、転職エージェントでもあるのです。何度も何度もヒアリングを重ねて、一緒にあなたの志望動機を作っていく作業をしてくれます。

また、一方経験者の方についてもお話したいと思います。経験者は、負担の少ない職場で働くことがポイントだと先ほど話しました。そのためにまず、転職エージェントにその要望を伝えて、自分の条件にあった職場を一緒に探していくことをオススメします。そうすれば、働きやすい助産師の職場がきっと見つかるでしょう。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ