20代歓迎の助産師求人を探す!

助産師として働くためには看護師の資格に加えて、専門の資格を取ることが求められます。助産師の資格を取るためには、専門の養成機関に入らなくてはなりませんので、多くの場合看護学校を卒業してからすぐ、もしくは看護師の資格と助産師を同時に取得できる学校に通うことになります。資格取得のためには時間と努力が求められますので、資格にチャレンジする人の多くは20代です。こうしたこともあって、助産師求人は20代向けのものが多く、いろいろな選択肢があります。

20代の助産師となると、新卒での募集か、実務経験が数年程度積んでいるというケースがほとんどでしょう。それで、特に実務経験の年数など、厳しい応募条件が課されることはなく、資格を持っていれば応募できるという求人が大半です。助産師といってもいくつかの職場の選択肢がありますので、自分に合ったところを見つけて、スキルを伸ばしていくようにしましょう。

助産師の働き口として多いのが、産婦人科クリニックか、産科を備えている総合病院でしょう。もちろん、助産院という選択肢もありますが、全国的に数が少なく求人を見つけるのは簡単ではありません。そのため、より楽に就職先を見つけられる一般の病院が人気となっています。産婦人科クリニックでは、普通分娩の数が他の医療機関に比べて圧倒的に多いので、普通分娩の経験を積むには最高でしょう。また、クリニックごとに、ホテルのような快適な病室を備えている、いろいろなマッサージなどママさんへのケアを行っているなど、特色あるサービスを提供しています。そのため、こだわりのある医療サービスを提供する側に立つことができて、楽しみながら仕事を行えるでしょう。

産科を備える総合病院では、普通分娩の他に異常分娩や帝王切開を始めとする外科的な手法を採ることが多くなります。中には、それほど分娩の取扱件数が多くないので、他の科と混合になっているというケースもあります。また、不妊治療や性同一性障害の患者さんを多く受けている病院も多くなっています。助産師としてのメイン業務である普通分娩にあまり携われないという面もありますが、いろいろな異なる分野の治療に立ち会えるというメリットもあります。どの病院を選択するかによって、かなりメインの仕事が変わってきますので、あらかじめ病院で力を入れている分野を調べて、将来に向けてしっかりとしたスキルを身に着けるようにしましょう。

助産師求人サイトランキング
  人気ランキング1位

マイナビ看護師

マイナビ看護師の詳細
マイナビ薬剤師申し込みはコチラ

  人気ランキング2位

ナース人材バンク

ナース人材バンクの詳細
ナース人材バンク
ナース人材バンク申し込みはコチラ